Event is FINISHED

【先着40名】2/28(金)『TOYOTA×佐川友彦氏』農家の課題解決ゼミ第8回~本家から学ぶ!農業で実践できるトヨタ式現場改善と課題解決~By マイナビ農業

Description
生産者の悩みを解決する「農家の課題解決ゼミ」第八弾!
「農家の課題解決ゼミ」は、生産者の皆さんの悩みを解決する、課題解決型のワークショップです。第8回は2月28日(金)13時半~18時@人形町(株式会社マイナビ 人形町オフィス6階 ノウラボセミナールーム)にて開催します。テーマは、「本家から学ぶ!農業で実践できるトヨタ式現場改善と課題解決」。

農業にご興味のある方であれば、どなたでもご参加可能です。生産者様が多い農家の課題解決ゼミですが、就農予定の方、大学生や農業に興味にある方、農業・食関連のお仕事をされている方など、幅広くご参加いただいています。

特別講師やゼミテーマについて
テーマは、「本家から学ぶ!農業で実践できるトヨタ式現場改善と課題解決」。

トヨタといえば『カイゼン』や『トヨタ生産方式』という言葉を思い浮かべる方が多いかもしれません。自動車工場から始まったこの運用方式は、日本国内や自動車産業にとどまることなく世界中の生産活動に適用されています。
農業界においても、同社はトヨタ生産方式の考え方を応用した『豊作計画』という農業IT管理ツールを開発し、トヨタならではの農業現場改善や人材育成に注力しています。
このように国内外で広く導入されているトヨタ生産方式ですが、皆さんはどれほどご存知でしょうか。かんばん方式やアンドン、5S、ジャストインタイムなど、バラバラな知識はあるものの、なんとなくの理解にとどまっていることも多いのではないでしょうか。
または、「トヨタ生産方式や豊作計画は大規模な生産法人や水稲農家など、一部でしか活用できないのでは?」というイメージも強いかもしれません。

そこで今回は、トヨタ社にて豊作計画を運営しているアグリバイオ事業部農業支援室をゲスト講師にお迎えし、
1.トヨタ生産方式の全体像と本質 
2.だれでも実践できる農業現場の改善と課題解決の方法、を学びます。

講師は、FARMSIDE worksの佐川友彦(さがわ・ともひこ)氏。家族経営の梨農家のマネージャーを務め、行った改善実例300件をサイトで無料公開する「阿部梨園の知恵袋」でも有名です。


農家の課題解決ゼミは、前半がゲスト講師の講演とトークセッション、後半は参加者の皆さんで取り組むワークショップの2部構成。実際に頭と手を動かして課題に取り組むことで、より深い学びにつながっています。

また、講師に直接質問をして意見をもらえるのも農家の課題解決ゼミの醍醐味!質問タイムも交えながら、皆さまからのさまざまな疑問にお答えします。


講座内容
第1部 ゲストトーク・対談
■対談テーマ『本家から学ぶ!農業で実践できるトヨタ式現場改善と議題解決』

■対談トピック(例)
≪改めて学ぶトヨタ式生産方式≫
・歴史的経緯
・トヨタ生産方式の歩み
・品質管理、業務改善の歴史
・品質管理や業務改善の意義
・品質管理や業務改善の先進事例
≪農業における業務改善≫
・農業の特殊性。工業との違い
・課題は?希望は?
・業務改善を得た農業経営の理想像とは?
≪業務改善の進め方≫
・業務改善に必要な案件
・ヒト(能力や組織など)
・モノ(ツール)
・カネ(経済性)
・情報(ノウハウ)
・業務改善を続けるには具体的に何をしたらいいか
・業務改善を誰に相談して誰と進めたらいいのか
≪アグリバイオ事業について≫
・今後のビジョン、サービス展開

第2部 ワークショップ
■テーマに沿ってグループディスカッションをしながら、目的の明確化・課題解決を導き出します。

タイムスケジュール
受付開始時間:13:00
第1部:ゲストセッション 13:30~15:45(途中休憩有)
  ・イントロダクション
  ・ゲストトーク
  ・対談
  ・休憩、交流、名刺交換
第2部:課題解決ワークショップ 15:45~18:00(途中休憩有)
  ・ワークショップ
  ・情報提供&アンケート記入


《特別講師》
トヨタ自動車株式会社 アグリバイオ事業部農業支援室
<プロフィール>
トヨタ自動車㈱の豊作計画は、お客様とともに農業生産性向上を目指すサービスです。
農業生産工程を管理するITツール「豊作計画」と、自動車の製造で培ったトヨタ生産方式に基づく現場改善により作業のムダを排除し、経営の効率化や収益性の向上をサポートします。IT管理ツールは農作業に関するお客様の基本情報をデータベース化、作業計画や現場の状況、実績を見えるかします。また、現場改善の基礎知識を習得し、現場で起きている問題を自らが解決できるよう「トヨタの改善スタッフ」がサポートします。

《講師》
FARMSIDE works代表/阿部梨園マネージャー 佐川 友彦氏
<プロフィール>
1984年生まれ。東京大学農学部、同農学生命科学研究科修士卒。
外資メーカーの研究開発職を経て、2014年より阿部梨園に参画。生産に携わらず、代表阿部の右腕業を務める。会計や労務などのオフィス業務だけでなく、ブランディングやPR、接客販売など営業面も担っている。大小500件の業務改善を実施し、経営の安定化と直売率99%超を達成した。阿部梨園の改善実例300件を公開するクラウドファンディングを実施し、330人から約450万円の支援を集めて話題を呼んだ。その成果はオンラインメディア「阿部梨園の知恵袋」として無料公開されている。
それらの経験と実績を基に、個人事業のFARMSIDE worksでは、経営コンサルティングや企業のアドバイザリー、講演活動を行い、農家の経営体質改善を推進している。


【備考】
・最少催行数に達しない場合は開催を中止する可能性がございます。
 2月21日(金)に開催可否判断をし、開催が中止となった場合は、返金いたします。
 → 最低催行数に達しておりますので、予定通り開催いたします。当社規定により(下記同意事項に記載)
  開催7日前よりキャンセルでの返金にはいかなる理由でも応じかねます。何卒ご了承くださいませ。(2020.2.14)

【新型コロナウイルスに対するイベント運営の方針について】
現在猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
マイナビ農業におけるイベント開催について今後の方針と対応策をお知らせいたします。

現在報道等でも発信されている通り、本コロナウイルスにおいて、感染者の死亡事案及び一部感染経路が不明な感染事例も発生しております。
また、各企業においても、在宅勤務勧告や大人数イベント参加への自粛等のアナウンスが出ている状況となっております。

毎回ご愛顧いただき、運営しております当社の各種イベントにおいても不特定多数の参加者のみなさまに
ご来場いただいており、感染拡大リスクへの対策は必要であるとの判断から、当日の会場において、アルコール消毒液の設置や
スタッフのマスク着用応対など、必要な対策をとった上での開催とさせていただきます。
予めご了承ください。

<当日ご来場される方へ>
体調に不安のある方のご来場は控えていただくようお願いいたします。
ご来場の際は、マスクの着用をお願いいたします。
また受付・入口での除菌を皆様に実施いただきます。

以上、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

※今後、状況を鑑みて方針と対応策を変更させていただく可能性がございます。その際にはまたご案内させていただきます。

・お申込みの際は下記同意事項をお読みになり、ご同意の上、お申込みをお願いいたします。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#524275 2020-02-18 02:05:36
More updates
Fri Feb 28, 2020
1:30 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
株式会社マイナビ人 形町オフィス
Tickets
2/28 農家の課題解決ゼミ第八回 (TOYOTA×佐川友彦氏) SOLD OUT ¥4,000
Venue Address
中央区日本橋富沢町7−1 ザパークレックス人形町 Japan
Organizer
農を楽しむ・学ぶ|ノウラボ By マイナビ農業
308 Followers